施工事例 | 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならウレテック

全国対応0120-873-835

施工日別事例: 2015年9月

新潟県小千谷市 部品製造工場の空隙充填工事 

<現場の状況>

施工範囲内に大型機械が2列に20台ほど並べられていました。

営業中はこの機械が一斉に稼働するそうです。

もともと川が流れていた所で、地盤改良後に建てた工場でした。

施主様は機械の振動が気になるとのことで、今回ウレテック工法で床下の空洞を埋める工事を行うことになりました。

工場内の床版厚は200mm以上ありました。

振動を気にされていたので、機械回りを優先に削孔、注入しました。

削孔、注入箇所は機械1台につき1015か所ほど。総削孔数は200近くにもなりました。

                                                            

ウレテック樹脂を注入中 

                                                   

<修正の状況>

削孔時、工場の中心部にはっきりとした空洞が確認できました。

注入時、床版の反応もよく動きだし確認も1孔1孔ほとんどすべて確認できました。

調査のコアが20ヵ所位あり、そこからも樹脂が確認できたので、しっかりとした

充填作業ができたと思います。

                                                      

新潟20aa 

                                                   

施工 20159

施工場所 新潟県

工事面積㎡ 385㎡

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください

 

物件相談
資料請求
調査依頼
全国対応 0120-873-835 FAX 03-5878-9102
メールアドレス

メインマークの「ウレタン樹脂注入工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「ウレタン樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。沈下修正・地盤改良・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。

© Mainmark Group. All Rights Reserved.