施工事例 | 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならウレテック

全国対応0120-873-835

施工日別事例: 2014年1月

東京都マンション 地下ピット空洞充填工事

東京都内にあるマンションの地下ピットに空洞があるので埋めたい、という相談をマンションを管理されている会社の担当者様からいただきました。

管理組合の理事会や住人総会などに参加させていただき、繰り返し工法説明を行い工事の内容や手順などを理解していただきました。

現場は地下ピットということで湿気が多く、酸素が薄い上、作業の出入口がとても狭い状況でした。

安全を最優先に細心の注意をこころがけて作業を行いました。

大きな空洞でしたので注入する箇所を細かく刻みながら工事を進行。

コンクリート床を解体することなく無事に地下ピットの床下空洞を埋めました。

 

施工範囲:100㎡

空洞充填

 

物件相談
資料請求
調査依頼
全国対応 0120-873-835 FAX 03-5878-9102
メールアドレス

メインマークの「ウレタン樹脂注入工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「ウレタン樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。沈下修正・地盤改良・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。

© Mainmark Group. All Rights Reserved.