施工事例 | 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならウレテック

全国対応0120-873-835

施工日別事例: 2006年6月

新潟県山古志村 災害復旧 空隙充填工事

当工事は、新潟県長岡市古志竹沢地内の山古志支所において、外構に設置されている池(コンクリート製水槽)の床版下に存在する空隙を解消もしくは、減少することを目的とした工事でした。 (さらに…)

熊本県熊本市内事務所内土間床沈下修正工事

熊本市内にある会社様の事務所内にて床の沈下が発生。

修正したい、とご相談いただきました。

調査に伺うと約50mmの沈下を確認しました。

事務所内の家具や什器類が水平ではなく、業務にも支障が出ている状況でした。

ウレテック工法は、小さな孔から樹脂を注入し膨張力で沈下修正をおこなう工法です。

工事中、家具や什器の移動も必要ありません。

今回も、業務を止めることなく工事を完了することができました。

—————————————————

施工面積:515㎡

最大床沈下量:42mm

施工日数:4日間

 

物件相談
資料請求
調査依頼
全国対応 0120-873-835 FAX 03-5878-9102
メールアドレス

メインマークの「ウレタン樹脂注入工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「ウレタン樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。沈下修正・地盤改良・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。

© Mainmark Group. All Rights Reserved.