症状別施工事例: 店舗

埼玉県越谷市スーパーマーケット床下空洞充填および床の段差修正工事

<受注の経緯>

新井(熊本復興担当係長)に一本の電話がかかってきました。

これまで3回ほど現場で一緒になったA建築会社からでした。

A建築会社は、商業施設の企画、デザイン、設計、工事の管理など行っています。

以前、当社は床の沈下修正工事を担当していた現場で、A建築会社は間仕切りや扉の建付け調整の合番作業を担当されていたのです。

その際の、当社の施工と施工性の良さを認めていただき、当時担当職長であった新井に直接仕事の依頼をしてくださいました。

ご紹介や口コミでの仕事依頼は本当に嬉しいことです。

しかも、様々な現場でたくさんの会社の仕事ぶりを見てきたA建築会社から直々に依頼をいただけたことは光栄です。

期待度に負けないよう身を引き締めて取り組む必要があります。

 

<現場の状況>

今回の現場は、関東で40店舗ほどスーパーマーケットや飲食店を展開している会社の新規開店工事です。

開店を一か月後に控えたスーパーマーケットのコンクリート土間床下に空洞が見つかりました。

コンクリート土間床の継ぎ目に34mmの段差があることも分かり、当社のウレタン注入工法で対応してほしい、というものでした。

 

<空洞充填、段差解消工事>

対象エリア:97㎡ 8エリア

コンクリート土間床に空洞充填用の特殊ウレタン樹脂を注入するため、1円玉より小さな孔(φ16mm)を1.5mの間隔で削孔

樹脂を注入して空洞を充填。充填管理は高精度のレーザーレベルで管理

空洞に特殊ウレタン樹脂が充填されると床がわずかに動き出す

 その動きをミリ単位で監視し充填を確認する

④34mmの段差箇所はレーザーレベルのほかに水平器も使用し、レベルを管理

注入孔から特殊ウレタン樹脂を注入し、段差をミリ単位の精度で確認しながら修正を行い、段差を解消

 

<新井(熊本復興担当係長)のコメント>

お電話をいただいた時は工事部から営業部に異動しており、熊本事務所で震災対応の真っ最中でした。

お話ししていくうちに、以前一緒に仕事させていただいた現場を思い出し、数年前の仕事を覚えていて下さったことを大変嬉しく思いました。

連絡いただいたことに感謝するとともに、今後もこれまで以上に、仕事に対して真摯に丁寧に着実に取り組んでいこう、と決意を新たにしました。

本当にありがとうございました。

 

 

%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%89%8d34%ef%bd%8d%ef%bd%8d1 %e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%89%8d34%ef%bd%8d%ef%bd%8d%e5%ae%9a%e8%a6%8f%e6%8e%a5%e5%86%99水平器が34mmの位置

 

 

 

%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c0%ef%bd%8d%ef%bd%8d %e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c0%ef%bd%8d%ef%bd%8d%e5%ae%9a%e8%a6%8f%e6%8e%a5%e5%86%99 水平器が0mmの位置

 

 

 

 

施工 201610

施工場所 埼玉県

工事面積㎡ 合計97㎡ 段差修正34mm

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

 

(スーパーマーケットの空洞充填、段差修正)

大型スーパー改装工事に伴うピットの段差修正工事

北陸地方にある大型スーパーです。

大規模改装工事の一つとしてウレテック工法を採用していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地盤沈下の影響でコンクリート床に段差が発生していました。

このような段差は陳列棚が傾いたり、

お客様はもちろん従業員の方も転んで怪我をしてしまう可能性もあるので危険です。

 

 

下がっている箇所を「ミリ単位」で床の動きを管理しながら持ち上げていきます。

ウレテック工法は、当社の社員による責任施工です。

年間300件以上の施工実績を誇る経験豊富な技術者集団が施工しています。

 

 

ウレテック工法で、コンクリート床を解体せず段差を修正することができました。

見た目にも段差がなくなったことがわかるのでお客様からも「感激しました」とのお言葉をいただきました!

 

施工後は掃除をして現場を元通りに!さあ、次のお客様が待っています!出発!!

 

施工面積:100㎡

施工日数:2日間

コンクリート床段差修正工事

横浜市栄区カーディーラー土間下空隙充填工事

今回は横浜市内にあるカーディーラー様からのご相談です。

建屋の地盤が緩んでいる状態で外周部の基礎脇に空洞が出来ており、

地中の空洞、隙間を充填するディープインジェクション工法で施工を行いました。

この工法は、地盤面に直接膨張性のあるウレテック樹脂を充填することによって、軟弱地盤面の地耐力を高める工法で、

当社の特許取得工法です。

 

ウレテック樹脂の膨張力によって緩い土を押し固め、土の密度を向上させるとともに地盤内の空洞充填を行う画期的な工法です。

 

建物内部は、工事の対象エリアが整備室内でしたので、様々なデッキやリフトが設けられていますが、休業日を使っての

一日工事ですので、機材や設備を動かす必要もなく、床版下の空隙にウレテック樹脂を充填して強化をはかることもできました。

 

                             一日で仕上げなくてはなりません。

                        プラント車2台で応戦です。スタッフも早朝から大忙し。

 

このような空洞が出来ていました

 

屋内からウレテック樹脂を注入していると変化が・・・

 

床下の空洞を充填したウレテック樹脂が屋外の基礎直下まで充填されました。

 

工事概要   横浜市栄区カーディーラー様 土間下空隙充填工事

施工面積   220㎡

最大修正量 53mm

工事期間   1日間 定休日施工

ウレテック工法は業務を止めずに!生活に支障を与えず!建物の傾き、床の傾き、段差を修正します。 

まずはご相談ください。  

この工事は田代が担当させていただきました。

お問い合わせ専用フリーダイヤル➿0120ー873ー835

福島県 歯科医院沈下修正工事

福島県の歯科医院様の傾きを修正しました。

施工はアンダーピニング工法を採用。ジャッキアップ

による沈下修正工事です。

修正は医院の休診日を利用して、一日で行ないました。

アンダーピニング工法は、表層が軟弱地盤で摩擦が緩い場合に

地中深くの支持層まで鋼管杭を打ち込む工法です。

家の荷重とジャッキの力を利用して沈下・傾きを水平に戻します。

この工法なら、再沈下の危険性は極めて低くなります。

地盤が安定しない場合や、将来的に地盤沈下が危ぶまれる場合などは

この方法をおすすめしています。

工事場所:福島県伊達郡

施工面積:約100㎡

耐圧版設置:14箇所

最大修正量:43mm

工事期間:2012年10月

工事期間:昼間1日

大宮市ハンバーグレストラン床沈下修正及び空隙充填工事

今回は営業中のレストランの施工実績です。

お店、特にレストランは、時には24時間フル稼働する場合もありますが、

今回は、仕込みの終了から開店時間までの合間を縫って、

わずかな時間内で床の沈下を修正しなければならないので絶対に失敗は許されません。

 

レストランの厨房と客室の1部は、エアミルクによる空隙充填を行い、

その他は、ウレテック工法による空隙充填と沈下修正を行いました。

 

ウレタン樹脂を注入するために床に穴をあけますが、接客商売の中でも

飲食店は特に、景観を壊したくないものです。

 

通常、目立たない場所やコンクリートの床が打ちっぱなしの厨房、・倉庫の床など

でしたらモルタルを流し込んでキャップをしてしまいますが、

木目のフローリングやデザイン性のあるクッションフロア材など

の場合、どうしても目立ってしまい、気になるところです。

 

下の写真のように、削孔する場所の仕上げ床材をカットして行えば、施工後元の位置にはめ込むことで

繋ぎ目程度の目立たない仕上げを行うことができました。

営業開始時までの短時間でしたが、無事に終了することができました。

工事概要  ハンバーグレストラン客室及び厨房室

施工面積:

※ウレテック工法施工面積139㎡

エアミルク工法施工面積130㎡

工事期間:

※ウレテック工(1日間) 

エアミルク工(3日間)

工事月日:

2013年9月

 

「ウレテック工法」は営業を止めずに!生活に支障をきたすことなく建物の沈下、床の傾斜・段差を修正します。まずはご相談ください。

この工事は、田代が担当させていただきました。

お問い合わせは 専用フリーダイアル 0120-873-835 までお気軽にどうぞ

茨城県 カーディーラー店舗床沈下修正工事

茨城県にある某カーディラー様で確認された土間床下の約100mmの空洞と

土間床の約70mmの沈下を修正するために「ウレテック工法」を採用しました。

ウレテック工法を採用した大きな理由は工事音の小ささです。

来店されたお客様が不快だと思わない程度の音で工事ができることです。 実際に工事中もお客様が来店されていましたが営業に支障はありませんでした。

下の写真は工事中にもっとも大きな音が発生する注入孔をドリルであけるシーンですが、お客様に不快を与えることはありませんでした。

削孔時にでる粉塵はその場で掃除機で吸い込みます。

削孔された注入孔は1円玉よりも小さい直径16㎜。とても小さい孔なので工事が終わった後も目立ちません。

注入孔からウレテック樹脂を注入します。樹脂は膨張し、空洞を充填。さらに膨張をコントロールして沈下した床を押し上げます。

下の写真は床が沈下したことで出来た間仕切り壁と床の隙間。測ると63mmも隙間がありました。これでは綺麗なショールームも台無しです。

壁と床との隙間もウレテック工法による特殊樹脂の膨張力で解消しました。

                                           

                                                       

                                                  

                                                  

                                                  

地盤沈下によってショールームの床が沈下

写真は施工前のショールームの床の状況です。床の沈下で赤い線が波打っています。

ウレテック工法で行なった沈下修正工事後の同じ床です。赤い線が真っすぐになり、沈下が修正されました。

                                                

工事概要   カーディーラーショールーム

施工時期   2012(平成24)年12月

施工面積   325㎡

工事期間   2日間 昼間営業時間内施工

ウレテック工法は営業を止めずに!生活に支障をきたさずに建物の沈下、床の傾斜や段差を修正します。 まずはご相談ください。   

この工事は田代が担当しました。

お問い合わせは フリーダイヤル➿0120ー873ー835 までお気軽にどうぞ

 

  いの 

   

新潟県 喫茶店テラス 傾き修正工事

喫茶店のテラスが、地盤沈下により傾いていました。

建物側から駐車場側へ最大150㎜程度傾き、スロープ状になってしまい 勾配が大きく感じられるテラスでした。

人気があり、お客様も多いお店なので、営業時間終了後から着工、翌朝の開店時間までに工事を完了。

お店の営業に影響を与えることなく、テラスの沈下修正を完了しました。

テラスや犬走りなど、片方向だけの沈下による勾配軽減・沈下修正も『ウレテック工法』です

夜間工事:1日間 23:00~翌朝6:00

最大150㎜修正:勾配軽減

担当:亀倉

鳥取県 ショッピングセンター

鳥取県の複数の店舗が並ぶ ショッピングセンターで、店舗の営業を止めずに

土間床版の沈下を修正しました。

日々の営業時間終了後から夜間工事を行うことで、お店はいつも通り通常営業です。

 

地域的な地盤沈下により、店舗内の土間床版が沈下して、床の勾配による不具合や、

間仕切り壁や商品棚と天井、もしくは床との間に隙間が生じていました。

 

 

 

天井とサッシ 施工前 隙間:15㎜        施工後 隙間:0

      

 

 

        

 

 

 

 

 

 

店内の床の傾きも、建具の傾きも、営業に支障や影響を与えることなく工事完了です。

 

 

工事期間 6日間 :夜間工事

施工面積 約1,000m2

土間床版沈下修正量 最大40㎜ 

建付隙間 修正量 約2030

担当:亀倉

 

ウレテックは、 可能な限り お客様の営業・業務に影響を与えない工事を提案いたします。

岐阜県 カラオケBOX建付隙間・タワミ沈下軽減工事

岐阜県のカラオケBOX店舗内で土間床版が沈下。

その影響が間仕切り壁に出て・・・ 壁と天井もしくは、壁と床の間に隙間が生じてしましました。

間仕切り壁との隙間は、3㎜程度でも目立ってしまいます。

店舗の営業を止めないために、ウレテック工事を営業時間の終了を待って深夜から施工を開始。

 

翌朝の6時ごろまでに工事を終わらせる事で、カラオケBOXの営業を止めずに 工事を完了 しました。

 

 

 

床版を持上げ、建付けの隙間を減少&解消 見た目にもスッキリします。

施工面積 約200m2、建付隙間修正10㎜以上 深夜~早朝まで 延べ2日間工事

担当:亀倉

インドネシア 工場床版タワミ沈下修正工事

施工場所:インドネシア バンドン

世界64カ国に広がるウレテック(URETEK)ネットワークならではの施工事例をご紹介します。

日本企業様から当社ウレテックジャパンへご相談を頂きました。

インドネシアにある自社工場の事務所棟の床が沈下してしまった、というご相談内容でした。

施工管理はウレテックジャパンで行い、工事作業はウレテックベトナムと連携し工事を完了しました。

 

注入状況:営業を止めることなく施工します

 

 

注入状況:

 

 

 Next Page >