症状別施工事例: 学校・体育館

山形県 中学校教室など床たわみ修正工事

山形県内の中学校

教室の床が「地盤沈下が原因で沈んでいる」と、相談の連絡を頂きました。

早速調査に向かい空洞調査・傾きレベル測定をおこないました。

床下には空洞も発生し、沈下量は最大で50mmほど、机や椅子がガタガタしている状況でした。

 

施工は、8月の夏休み期間中に実施しました。

理科室や学習室、教室など6教室の床の沈下修正をおこないました。

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e8%bb%8a%e8%a8%ad%e7%bd%ae

%e6%95%99%e5%ae%a4%e6%b3%a8%e5%85%a5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工 2016年8月

施工場所 山形県

工事面積㎡ 合計572㎡ 段差修正51mm

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

 

(学校・教室の床下の空洞充填、たわみ修正)

伊勢市立小学校屋内運動場床改修工事

施工面積:480㎡

沈下修正量:65mm

施工日数:5日間

ウレテック工法採用の理由:

床などの解体作業がないので工期が短い!ゴミもでない!予算も少なくてすむ!

 

伊勢市内の小学校の屋内運動場なので、夏休みの間に大規模な修繕工事を行うことにしました。

当社が行うのは、「床の沈下修正」です。

 

〇今回は2台のトラックで施工します

 

〇施工の前に

より安全に施工するために毎朝のKY(危険予知)活動は欠かせません。

「今日も一日ご安全に」

 

〇体育館内では床の水平レベルを緻密に計測し、管理をしています。一方、床下では・・・・

—————————————————————-

〇点検口から床下へ潜り、削孔、樹脂の注入作業を行います。

床下の束石は900mmあるので住宅と比較すると広い空間のようですが

そこで作業をするのはたいへんです。

それでも床下を這いつくばりながら移動し注入していきます。

 

 

 

長年の傾きでフローリング(木材)にクセがついている部分がありましたが

慎重にレベル確認をしながら床を持ち上げていき体育館全体を水平に修正することができました。

 

小学校教室・職員室床沈下修正工事

茨城県の小学校で地震による地盤沈下が原因で教室内の床が沈下してしまいました。

ウレテック工法にて2日間の工事を行いました。

施工面積:240㎡ 最大沈下量:56mm修正

 

東京都小学校体育館床沈下修正工事

築20年 施工面積500㎡ 最大修正量80mm

小学校の体育館がステージ側に向かってすりばち状に沈下していました。

床下に潜りこみ樹脂を注入します。

床下から平らにするのでコンクリート、フローリングを壊すことなく工事は完了しました。

工事期間は1週間です。

岩手県 中学校教室補修工事

中学校の教室の床の傾きの修正依頼がありウレテック工法で床の傾きを修正しました。
学校関係の工事はやはり学校が休みのときに集中します。

修正は8教室。さらに職員室の一部 、合計9エリアを3日間の工事で終了させました。
この教室は床の改修工事も同時に行われました。

(さらに…)