症状別施工事例: 道路・橋・空港

静岡県 国道トンネル内の道路の段差修正とバタツキ解消工事

 

<現場の状況>

当社の代理店(静岡県)から、国道の補修工事の相談がありました。

 

「静岡県の国道トンネル内でコンクリート舗装道路に段差が生じ、バタツキが発生しているので、早急に解消したいのだが…」という内容でした。

 

以前からお客様へ代理店の担当から「短時間で修繕工事ができる工法」とメインマークの「ウレタン注入工法」を紹介していたこともあり、今回のお問い合わせに至りました。

 

従来工法だと…

道路の取壊しから打替えまでを行うと、解放までに時間を要します。

維持修繕工事の限られた期間内で改善することは不可能です。

 

結果的にメインマークの「ウレタン注入工法」の最大の特長である【短時間施工】がお役に立つ現場になり、段差解消工事をメインマークで行うことになりました。

 

 

<修正の状況>

・2日間で123㎡

・トンネル内の道路を夜間(9時から翌朝6)全面通行止め

スタッフ3

・最大35mmの段差を修正

 

RIMG0908 RIMG0938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‥工事手順‥

☑対象範囲の道路下に特殊ウレタン樹脂を充填するために、1.5mのピッチでφ16mmの小さな穴をあける

☑樹脂を注入。道路下の空洞を充填するとともに脆弱地盤を押し固める

☑さらに目地部分に発生している段差の解消とバタツキを抑制

☑レーザーレベルと受信機で道路面の動きをミリ単位で管理

☑段差が生じている箇所は横断方向と縦断方向の段差量を加味してバタツキが生じない方向での解消作業を行う

注入完了。注入孔をモルタルで閉塞して工事完了

 

 

<営業のコメント>

今回の現場は、工事の2週間前にお話しをいただき、早急な対応を余儀なくされましたが、それでも何とかご期待に副うことができました。

主要幹線道路という事もあり、道路を壊すことなく短時間で改善するというメインマークのウレタン注入工法のメリットが最大限に効果を発揮しました。まずは、お気軽にご相談ください。

 

施工 20172

施工場所 静岡県

工事面積㎡ 123

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

 

(トンネル内 道路の段差、バタツキの修正)

東京都 道路補修工事(空洞充填・陥没対策)

施工日:201611

 当工事は、区役所の設計担当者様が工事方法の選定にあたり、ウレテック工法の空隙充填工法が最適とご判断頂きお問い合わせ頂きました工事です。

 

〈工事背景〉

対象区管内道路は、老朽化が進み再舗装を余儀なくされる道路路線を抱えており、数年前から日本の各所で発生している道路陥没において万全を期するため、道路の空洞調査を実施し陥没対策工事を実行致しました。

調査の結果、延長約500m程度の片側1車線で、9か所の空洞と思われる異常値が確認されました。

今回、工事方法の選定条件は下記の通りで、

  再沈下を抑制のため、できるだけ軽い材料で充填したい。

  1か所あたり0.3m3程度の小規模工事である。

  通行規制をできる限り少なくしたい。

  強度は、流動化処理土(300kN/m2)以上の材料とする。

以上の条件を満たす工事ということで、弊社にて工事させて頂くことになりました。

 

〈工事の状況〉

空洞調査で異常値が確認された7か所の充填を行いました。

注入箇所にレシーバーを設置し、道路の面が1mm隆起をもって、充填完了と致しました。

 

  s_dscf2015-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e6%9d%bf%e6%a9%8b%e9%81%93%e8%b7%af1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ての充填作業中は板橋区監督員の立会いの下、写真撮影等行いしっかりとした管理を行い工事を遂行致しました。


施工 2016年11月

施工場所 東京都

施工日数 2日間

 

和歌山県国道踏掛版下空洞充填工事

和歌山県の国道の踏掛版下に大きな空洞が発見されました。

他工法と比較検討の結果、最終的にウレテック工法での空洞充填工事が決まりました。

ウレテック工法のメリットは・・・・

他工法との比較(メリット)

  • 工期が短い→交通渋滞の短縮による通行者のストレスの軽減

  • ・材料の養生期間が短い→養生期間中に浸透の恐れがなく確実な充填が可能

  • ・樹脂の膨張力で緩んだ地盤の圧密が可能→再沈下の軽減

  • ・材料比重が軽い(比重約0.1)→再沈下への影響が極めて小さい

  •  

  • 施工概要

    • ・踏掛版寸法・・・・・5m×10m(片側各1車線、計2車線)
    • ・空洞厚・・・・・・・・・最大約30㎝(確認可能箇所の値)
    • ・工事期間・・・・・・・1日(昼間)
    • ・交通規制・・・・・・・片側交互通行
  • ご質問などございましたら下記フリーダイヤルまでご連絡ください。

  • 0120-873-835

  • お待ちしております。

道路下の空洞充填工事 (陥没対策・緊急工事)

 

東京都内で行われた道路下の空洞充填工事を紹介します。

 

 

作業手順

  1. 1.規制帯内へプラントトラックを搬入する。(電源機材一式搭載)

  2. 2.空洞範囲と深度を確認する。(事前空洞調査結果)

  3. 3.注入孔および確認孔をハンマードリルで掘る。(φ18mm)

  4. 4.プラントからホースを伸ばし注入する。(飛散養生枠を使用)

  5. 5.路面レベルが持ち上がったことを確認し注入終了とする。

  6. 6.確認孔より充填確認をする。

  7. 7.表面部分の穴を埋める。

  8. 8.プラントトラックを規制帯から搬出する。

  9.  

    ※詳細な管理方法については別途協議によります。

     

施工概要

  •  ・空洞サイズ・・・・・約0.5m3前後
  •  ・空洞箇所・・・・・・・3箇所
  •  ・工事期間・・・・・・・1日(昼間)
  •  ・交通規制・・・・・・・1車線規制(各空洞毎の設置)
  •  ・作業車  ・・・・・・・プラントトラック4t×1台 
  •  

他工法との比較(メリット)

  • 工期が短い→交通渋滞の短縮による通行者のストレスの軽減

  •     箇所あたりの実作業時間は約1時間=日当たり5箇所程度が工事可能

  • ・材料養生期間が短い→養生期間中に浸透の恐れがなく確実な充填が可能

  • ・膨張性樹脂の力により緩んだ地盤の圧密が可能→再沈下の軽減

  • ・材料比重が軽い(比重約0.1)→再沈下への影響が極めて小さい

  •  

施工前に必要な確認事項

  • ・空洞箇所周辺の埋設物の有無・影響の確認

  • ・空洞発生深度および舗装厚の確認

  • ・空洞の規模と広がりなどの事前調査結果

  •  

この工事に対する質問等は、下記までお気軽にお問い合わせください。

      info@uretek.co.jp

空港での沈下修正工事

空港内にて沈下修正工事を行いました。

施工面積 約500㎡、最大修正量 約60mm

担当:酒井

踏掛版下の空洞充填工事

茨城県内の国道で行われた、

踏掛版下の空洞充填工事を紹介します。

kouji-w201208f1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工概要

  •  ・踏掛版寸法・・・・・8m×8m(片側各1車線、計2車線)
  •  ・空洞厚・・・・・・・・・最大約10㎝(確認可能箇所の値)
  •  ・工事期間・・・・・・・1日(昼間)
  •  ・交通規制・・・・・・・片側交互通行

他工法との比較(メリット)

  • 工期が短い→交通渋滞の短縮による通行者のストレスの軽減

  • ・材料養生期間が短い→養生期間中に浸透の恐れがなく確実な充填が可能

  • ・膨張性樹脂の力により緩んだ地盤の圧密が可能→再沈下の軽減

  • ・材料比重が軽い(比重約0.1)→再沈下への影響が極めて小さい

 

この工事に対する質問等は、下記までお気軽にお問い合わせください。

info@uretek.co.jp

新潟県山古志村 災害復旧 空隙充填工事

当工事は、新潟県長岡市古志竹沢地内の山古志支所において、外構に設置されている池(コンクリート製水槽)の床版下に存在する空隙を解消もしくは、減少することを目的とした工事でした。 (さらに…)

韓国 金浦空港エプロン水勾配修正

韓国金浦空港でのエプロン水勾配修正を行いました。

 

cimg8089cimg8097

 

シドニー空港 ジョイント部分の補強工事(スティッチング)

シドニー空港でのジョイント部分の補強工事(スティッチング)

ウレテックの施工ライセンスは、世界64カ国の国々に発行されています。アメリカ・オーストラリア、イタリア、韓国などの国々では国際、国内線の飛行場、空軍基地等でウレテックが使用されています。

主に駐機場・エプロンにできた小さな段差や飛行機の車輪が通るたびに起きるコンクリートの変形をウレテックにて修復しています。

 

%e3%82%b7%e3%83%89%e3%83%8b%e3%83%bc%e7%a9%ba%e6%b8%aftoriming