症状別施工事例: 道路 / 段差修正

静岡県 国道トンネル内の道路の段差修正とバタツキ解消工事

 

<現場の状況>

当社の代理店(静岡県)から、国道の補修工事の相談がありました。

 

「静岡県の国道トンネル内でコンクリート舗装道路に段差が生じ、バタツキが発生しているので、早急に解消したいのだが…」という内容でした。

 

以前からお客様へ代理店の担当から「短時間で修繕工事ができる工法」とメインマークの「ウレタン注入工法」を紹介していたこともあり、今回のお問い合わせに至りました。

 

従来工法だと…

道路の取壊しから打替えまでを行うと、解放までに時間を要します。

維持修繕工事の限られた期間内で改善することは不可能です。

 

結果的にメインマークの「ウレタン注入工法」の最大の特長である【短時間施工】がお役に立つ現場になり、段差解消工事をメインマークで行うことになりました。

 

 

<修正の状況>

・2日間で123㎡

・トンネル内の道路を夜間(9時から翌朝6)全面通行止め

スタッフ3

・最大35mmの段差を修正

 

RIMG0908 RIMG0938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‥工事手順‥

☑対象範囲の道路下に特殊ウレタン樹脂を充填するために、1.5mのピッチでφ16mmの小さな穴をあける

☑樹脂を注入。道路下の空洞を充填するとともに脆弱地盤を押し固める

☑さらに目地部分に発生している段差の解消とバタツキを抑制

☑レーザーレベルと受信機で道路面の動きをミリ単位で管理

☑段差が生じている箇所は横断方向と縦断方向の段差量を加味してバタツキが生じない方向での解消作業を行う

注入完了。注入孔をモルタルで閉塞して工事完了

 

 

<営業のコメント>

今回の現場は、工事の2週間前にお話しをいただき、早急な対応を余儀なくされましたが、それでも何とかご期待に副うことができました。

主要幹線道路という事もあり、道路を壊すことなく短時間で改善するというメインマークのウレタン注入工法のメリットが最大限に効果を発揮しました。まずは、お気軽にご相談ください。

 

施工 20172

施工場所 静岡県

工事面積㎡ 123

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

 

(トンネル内 道路の段差、バタツキの修正)

空港での沈下修正工事

空港内にて沈下修正工事を行いました。

施工面積 約500㎡、最大修正量 約60mm

担当:酒井