症状別施工事例: コンクリート床の沈下修正

静岡県 国道トンネル内の道路の段差修正とバタツキ解消工事

 

<現場の状況>

当社の代理店(静岡県)から、国道の補修工事の相談がありました。

 

「静岡県の国道トンネル内でコンクリート舗装道路に段差が生じ、バタツキが発生しているので、早急に解消したいのだが…」という内容でした。

 

以前からお客様へ代理店の担当から「短時間で修繕工事ができる工法」とメインマークの「ウレタン注入工法」を紹介していたこともあり、今回のお問い合わせに至りました。

 

従来工法だと…

道路の取壊しから打替えまでを行うと、解放までに時間を要します。

維持修繕工事の限られた期間内で改善することは不可能です。

 

結果的にメインマークの「ウレタン注入工法」の最大の特長である【短時間施工】がお役に立つ現場になり、段差解消工事をメインマークで行うことになりました。

 

 

<修正の状況>

・2日間で123㎡

・トンネル内の道路を夜間(9時から翌朝6)全面通行止め

スタッフ3

・最大35mmの段差を修正

 

RIMG0908 RIMG0938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‥工事手順‥

☑対象範囲の道路下に特殊ウレタン樹脂を充填するために、1.5mのピッチでφ16mmの小さな穴をあける

☑樹脂を注入。道路下の空洞を充填するとともに脆弱地盤を押し固める

☑さらに目地部分に発生している段差の解消とバタツキを抑制

☑レーザーレベルと受信機で道路面の動きをミリ単位で管理

☑段差が生じている箇所は横断方向と縦断方向の段差量を加味してバタツキが生じない方向での解消作業を行う

注入完了。注入孔をモルタルで閉塞して工事完了

 

 

<営業のコメント>

今回の現場は、工事の2週間前にお話しをいただき、早急な対応を余儀なくされましたが、それでも何とかご期待に副うことができました。

主要幹線道路という事もあり、道路を壊すことなく短時間で改善するというメインマークのウレタン注入工法のメリットが最大限に効果を発揮しました。まずは、お気軽にご相談ください。

 

施工 20172

施工場所 静岡県

工事面積㎡ 123

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

 

(トンネル内 道路の段差、バタツキの修正)

茨城県 自動ラック金型倉庫土間床沈下修正工事

<現場の状況>

フォークリフト販売会社の営業から、

「私のお得意様の工場なんですが、床が沈下して移動ラックがスムーズに動かなくて困っている・・・」

という相談をいただきました。

 

現場は、茨城県にある自動車や産業機械、船舶などの鍛造部品を製造、生産されているメーカー様の金型倉庫です。

移動ラックは7台稼働していました。

さっそく移動ラック用のレールが敷設されている床面を計測したところ、4mmから-27mmまで不陸が見られました。

 


<修正の状況>

当社のウレタン樹脂注入工法は、床を壊すことなく、移動ラックに重い金型を載せたままでも施工できるということで工事をさせていただくことになりました。

 %e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e5%80%89%e5%ba%ab

 

 

 

①1円玉より小さい16mmの注入孔を1.5m間隔で61ヵ所削孔

②孔に膨張性のある特殊ウレタン樹脂をミリ単位で計測しながら注入

③床版を持ち上げて不陸を修正

 

 

 

 

各ポイントごとに沈下量にばらつきがあることと、重い金型をラックに載せたままの施工だったので、修正量のコントロールが難しかったのですが問題なく目標値まで修正することができました。

 

 

%e5%80%89%e5%ba%ab%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工 201611

施工場所 茨城県

工事面積㎡ 198

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

(自動ラック倉庫土間床の沈下修正)

埼玉県越谷市スーパーマーケット床下空洞充填および床の段差修正工事

<受注の経緯>

新井(熊本復興担当係長)に一本の電話がかかってきました。

これまで3回ほど現場で一緒になったA建築会社からでした。

A建築会社は、商業施設の企画、デザイン、設計、工事の管理など行っています。

以前、当社は床の沈下修正工事を担当していた現場で、A建築会社は間仕切りや扉の建付け調整の合番作業を担当されていたのです。

その際の、当社の施工と施工性の良さを認めていただき、当時担当職長であった新井に直接仕事の依頼をしてくださいました。

ご紹介や口コミでの仕事依頼は本当に嬉しいことです。

しかも、様々な現場でたくさんの会社の仕事ぶりを見てきたA建築会社から直々に依頼をいただけたことは光栄です。

期待度に負けないよう身を引き締めて取り組む必要があります。

 

<現場の状況>

今回の現場は、関東で40店舗ほどスーパーマーケットや飲食店を展開している会社の新規開店工事です。

開店を一か月後に控えたスーパーマーケットのコンクリート土間床下に空洞が見つかりました。

コンクリート土間床の継ぎ目に34mmの段差があることも分かり、当社のウレタン注入工法で対応してほしい、というものでした。

 

<空洞充填、段差解消工事>

対象エリア:97㎡ 8エリア

コンクリート土間床に空洞充填用の特殊ウレタン樹脂を注入するため、1円玉より小さな孔(φ16mm)を1.5mの間隔で削孔

樹脂を注入して空洞を充填。充填管理は高精度のレーザーレベルで管理

空洞に特殊ウレタン樹脂が充填されると床がわずかに動き出す

 その動きをミリ単位で監視し充填を確認する

④34mmの段差箇所はレーザーレベルのほかに水平器も使用し、レベルを管理

注入孔から特殊ウレタン樹脂を注入し、段差をミリ単位の精度で確認しながら修正を行い、段差を解消

 

<新井(熊本復興担当係長)のコメント>

お電話をいただいた時は工事部から営業部に異動しており、熊本事務所で震災対応の真っ最中でした。

お話ししていくうちに、以前一緒に仕事させていただいた現場を思い出し、数年前の仕事を覚えていて下さったことを大変嬉しく思いました。

連絡いただいたことに感謝するとともに、今後もこれまで以上に、仕事に対して真摯に丁寧に着実に取り組んでいこう、と決意を新たにしました。

本当にありがとうございました。

 

 

%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%89%8d34%ef%bd%8d%ef%bd%8d1 %e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%89%8d34%ef%bd%8d%ef%bd%8d%e5%ae%9a%e8%a6%8f%e6%8e%a5%e5%86%99水平器が34mmの位置

 

 

 

%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c0%ef%bd%8d%ef%bd%8d %e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c0%ef%bd%8d%ef%bd%8d%e5%ae%9a%e8%a6%8f%e6%8e%a5%e5%86%99 水平器が0mmの位置

 

 

 

 

施工 201610

施工場所 埼玉県

工事面積㎡ 合計97㎡ 段差修正34mm

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

 

(スーパーマーケットの空洞充填、段差修正)

山形県 中学校教室など床たわみ修正工事

山形県内の中学校

教室の床が「地盤沈下が原因で沈んでいる」と、相談の連絡を頂きました。

早速調査に向かい空洞調査・傾きレベル測定をおこないました。

床下には空洞も発生し、沈下量は最大で50mmほど、机や椅子がガタガタしている状況でした。

 

施工は、8月の夏休み期間中に実施しました。

理科室や学習室、教室など6教室の床の沈下修正をおこないました。

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e8%bb%8a%e8%a8%ad%e7%bd%ae

%e6%95%99%e5%ae%a4%e6%b3%a8%e5%85%a5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工 2016年8月

施工場所 山形県

工事面積㎡ 合計572㎡ 段差修正51mm

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

 

(学校・教室の床下の空洞充填、たわみ修正)

茨城県古河市 鋼材加工工場の土間床沈下修正工事

<現場の状況>

今回の現場は、完成して間もない鋼材加工工場です。工場を稼動してそんなに時間がたっていないのにコンクリート土間床が3.4cmほど沈下してしまったそうです。そのために鋼材加工用に購入したレーザー加工機が不具合をおこして、図面どおりに加工ができなくなってしまいました。レーザー加工機のような精密機械を正常に稼動するには、何よりも床の水平が重要なのですね。

 

<修正の状況>

いつも以上に水平精度が要求されるため、レーザーレベルの受信機を何度も監視しながら沈下量、修正量をしっかり把握しながら注入作業を行いました。あわせて、注入位置とその周辺の床のたわみが軽減されていることを常に確認しながら施工を行いました。レーザー加工機が設置してある範囲は、外側の床版高さに合わせて修正。エリア中央部には砕石を敷設しているところがあり、砕石敷設部までの間で摺付け修正を行い、目標とする高さまで無事に沈下修正することができました。

工場の床 沈下修正工事

 

 

<担当営業コメント>

施主様から「今回の施工後に、改めてレーザー加工機のレベル調整を行う予定だったが想像以上に床の修正をきちんとやっていただいたので加工機が正常に稼動。予定していたレーザーのレベル調整が必要なくなりとても助かった」と感謝のお言葉をいただきました。ちなみに、レーザー加工機の調整費用は100万円前後だそうです。

施工前1 施工後1

施工前施工後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工 20167

施工場所 茨城県

工事面積㎡ 193

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

(工場、土間床の沈下修正)

 

 

新潟県見附市で施工見学会を開催しました

2016年4月23日(土)・24日(日)の2日間

新潟県見附市で「施工現場見学会」を開催しました。

 

新潟県で開催するのは昨年10月の長岡市での開催以来、半年ぶりとなります。

今回は休日の土曜日・日曜日の開催となりましたが大勢の方がお越しくださいました。

国内だけではなく海外からもご来場いただき、ウレテック工法への期待の高さを実感しました。

 

この機会をご提供してくださいました施主様、本当にありがとうございました。

 

 

IMG_4470

皆様、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。

 

IMG_4472修正

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場は広さ400㎡ほどの工場で、床面に大きなうねりがあり、床を増し打ちしている難しい状況でした。

中央部に向かって不同沈下を起こしており土間床下には空洞があることも確認しました。

空洞の影響なのか、機械の振動も大きく、お困りの状況でした。

中心部の沈下量は最大168mm~54mm、それぞれの状況にあわせて対処が必要です。

1.5m間隔で床に16mmの小さな孔をあけ、膨張性のあるウレテック樹脂を注入します。

空洞を充填し地面を押し固めることで床版を持ちあげ修正していきました。

 

実際の施工を見学していただき、

床を壊さず、業務を止めず、短時間で水平に修正するウレテック工法の実力を

実感していただけたのではないでしょうか?

特に重い機械が乗ったまま床を水平に持ち上げることに、皆さん一様に驚いていました。

また施工についての質問もたくさんいただきましたが、

技術部の責任者が一つひとつ丁寧に対応させていただきました。

 

 

メインマークは随時、施工見学会を開催していく予定です。

参加ご希望の方、ご興味のある方はご連絡ください。

お待ちしております。

0120-873-835

メインマーク株式会社

新潟県長岡市で「施工現場見学会」を開催

<開催の経緯>

201510月の2日間、新潟県長岡市で施主様のご厚意もあり「施工現場見学会」を開催しました。

この見学会は、ウレテック工法の採用を検討されているお客様や興味をお持ちのお客様を実際の現場に

お招きして、施工方法やその効果をご確認していただくというものです。

今回は一ヵ所で約200㎡の工場部分と、約130㎡の事務所部分の両方の施工が見学できるとても貴重な現場でした。

ご参加いただいたのは1日目が21名、2日目が12名の合計33名。中には他県からお越しいただいた

お客様もいらっしゃいました。

                                                  

15年10月21日8522aaa                                                                          

<見学の状況>

見学会は10分ほど現場の説明や工法の説明を行った後、注入する樹脂の膨張デモンストレーション、

実際の注入模様、上昇した数値のご確認などを行いました。

見学者様からは「凄い!」「工法がよくわかった」「さっそく検討したい」という感想をいただきました。

両日ともお客様に説明しながらの施工でしたが工場部分は約100mmのたわみを、

事務所部分は10mm25mm50mmとばらつきのある沈下を予定通りに修正することができ、

施主様からも感謝のお言葉をいただきました。今後も随時、開催する予定です。

                                                       

15年10月21日8751                                                                 

施工見学会実施日 201510

実施場所 新潟県

工事面積㎡ 工場部分約200㎡。中心に向かって100mmほどのたわみを修正。

      事務所部分130㎡。部分的に10mm25mm50mmのたわみを修正。

                                                        

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください

宮城県中央卸売市場水産棟卸売場床・通路改修工事

 

 

宮城県にある中央卸売場。

30年以上経過しているこの市場では土地全体の地盤沈下の影響を受けて

土間コンクリートが沈下し、建物内の各所に段差やたわみが発生していました。

 

過去にも何度かモルタル打ちで表層の修復を行ってきましたが、

過酷な使用条件であるため、修復後も再びクラック(ヒビ)や剥離が発生しました。

 

表面を削ってコンクリート床の打ち増しも検討されましたが、

市場はほぼ24時間稼働しており、操業に支障をきたすため断念。


そこで、操業を止めることなく、短時間で、抜本的な問題解決を行える

ウレテック工法を提案し、採用していただきました。

 

本工事は市場が稼働する中での施工で、常に荷物の運搬や人の往来があるため、

1台のプラント車で13日間にわたり問題箇所の修復を行いました。



【通路 / 施工前】

・段差や傾きによりフォークリフト走行に支障がある

・荷崩れなどが発生する

 

【断面図イメージ】

 

 

      

 


【通路 / 施工後】

・ウレテック工法で土間の沈下修正後、グレーチングの嵩上げを行う

・傾きがなくなり、フォークリフトが安全に走行できるようになる

  

【断面図イメージ】


 

 

 

【売場床 / 施工前】

・両端は地中梁があるため、下がっていない

・しかし、中心に向かってたわみができ、そこに水が溜まり、操業に支障がおきている

 

【断面図イメージ】


 

      

 

 

【売場床 / 施工後】

・ウレテック樹脂の膨張力で土間下の空洞充填とリフトアップ

・たわみがなくなり、水溜りの根本的な原因を解消


【断面図イメージ】

 

施工面積 : 約2000㎡

施工期間 : 約13日(1台施工)

 

 

青森県 老人福祉施設土間床沈下修正工事

〈現場の状況〉

地盤沈下が原因で施設内全体の土間床が沈下していました。

一番気になっている部屋は、イベントなどで人が集まるホールです。

部屋の中心部が30mmほど沈下しており、ドアの開閉が困難な状況でした。

狭い範囲での沈下だったので部屋の中を歩いているだけで違和感を感じるくらい下がっていました。

 

〈沈下修正工事〉

①修正前の沈下レベル確認(事前調査と照合)

②フローリングを後ほど補修できるように抜く

③コンクリート土間を削孔

④膨張するウレタン樹脂を床下に注入

 樹脂の膨張力で床を水平に戻す

⑤削孔した注入孔をモルタルで埋め閉塞

長年の沈下で一部フローリング自体に反り返りの癖がついている箇所は0mmまで持ち上げることができませんでしたが、施工前に感じていた違和感がなくなり施主様は大変喜んで下さいました。

 

%e8%80%81%e4%ba%ba%e7%a6%8f%e7%a5%89%e6%96%bd%e8%a8%ad%e6%b3%a8%e5%85%a5%e7%8a%b6%e6%b3%81 %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e8%a8%ad%e7%bd%ae

 

施工 2014年10月

施工場所 青森県

工事面積㎡ 合計65㎡ 段差修正30mm

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

 

(老人福祉施設のコンクリート土間床沈下修正)

大型スーパー改装工事に伴うピットの段差修正工事

北陸地方にある大型スーパーです。

大規模改装工事の一つとしてウレテック工法を採用していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地盤沈下の影響でコンクリート床に段差が発生していました。

このような段差は陳列棚が傾いたり、

お客様はもちろん従業員の方も転んで怪我をしてしまう可能性もあるので危険です。

 

 

下がっている箇所を「ミリ単位」で床の動きを管理しながら持ち上げていきます。

ウレテック工法は、当社の社員による責任施工です。

年間300件以上の施工実績を誇る経験豊富な技術者集団が施工しています。

 

 

ウレテック工法で、コンクリート床を解体せず段差を修正することができました。

見た目にも段差がなくなったことがわかるのでお客様からも「感激しました」とのお言葉をいただきました!

 

施工後は掃除をして現場を元通りに!さあ、次のお客様が待っています!出発!!

 

施工面積:100㎡

施工日数:2日間

コンクリート床段差修正工事

 Next Page >