症状別施工事例: 工場 / 床下の空洞充填

熊本県八代市包装材製造工場土間床下空洞充填(災害復旧)工事


 

<現場の状況>  

熊本地震の影響で土間床下に空洞が発生し、日々の業務に支障をきたしている・・・という相談が地元のゼネコン様からありました。


現場は、日本を代表する包装資材メーカーの熊本県八代事業所です。

この会社は明治37年の創業以来、「モノを包む」包装技術で日本の産業を支えてきた老舗メーカーで、八代事業所には第一工場(1,024㎡)と第二工場(1,080㎡)があります。


今回の工事の4か月ほど前に1期工事として、第一工場内一部エリア(248㎡)の床下空洞充填工事を行いました。

1期工事の際に、床を壊すことなく、業務も止めずに、短時間で施工した実績が認められ、今回の工事では第一工場と第二工場を全面、合わせて1,792㎡を充填することになりました。最大空洞量は31mmです。

 

↓↓空洞の写真↓↓

IMG00107.JPG  IMG00128.JPG

 

 

<修正の状況>

・工事計画

ウレテック工法による床下の空洞充填工事

スタッフ:職長を含めて5

工事日数:第一工場5日間+第二工場5日間 = 延べ10日間


 

計画に基づき、充填箇所に1円玉より小さい注入孔をあけウレテック樹脂を床下に注入します。

ウレテック樹脂が土間床下にしっかり充填されたことを確認するために、レーザーレベルを設置し、受信機で各注入孔の土間床のレベルが1mm程度持ち上がったことで充填および土間床の荷重が地盤へ受替えられたことを確認しながら行いました。

作業は特に大きな問題もなく計画より2日早い、延べ8日間で終了しました。

施工後は、空洞が生じている事による陥没の懸念や、早期の沈下進行の心配がなくなりました。

 

<営業コメント>

ほかの工法とは違い、機械や商品の移動は最小限で済みます。

さらに、短時間で施工エリアを開放できることから、時間ごとにエリアを区切って工事を行ったり、夜間や休日を利用して施工することで、「営業停止時間ゼロ」、もしくは最小限のエリアの稼働を止めるだけで済みます。

お客様にかかる負担が少なく、施工後は安心して操業することが可能となります。

 

施工 20171

施工場所 熊本県

工事面積㎡ 1,792

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。


(工場土間床の空洞充填)

  

三重県志摩市電器機器製造工場内土間床空洞充填工事

 

<現場の状況>

今回の現場は電器機器の設計・製造を行っている会社様の工場です。

工場内の床下に不均一な空洞があることが調査によって確認されました。

お客様は、機械の振動によって製品の品質に悪影響を及ぼすこと、

また、従業員の作業環境や安全性などの問題を心配されていました。


<工事の状況>

土間床下に不均一な空洞が確認された、1,000㎡が対象エリアです。

200箇所前後の注入孔をあけ、特殊ウレタン樹脂を注入し空洞を埋めていきます。

注入状況を確認するためにレーザーレベルを設置し、

注入孔の傍らに置いた受信機を0レベルに設定して1㎜程度動いたところで注入作業を完了しました。

 

この1mm程度の床の動きを確認する作業で、土間と地盤がしっかりと密着したと判断できる確認作業となります。

施工後は振動も施工前よりは軽減し、安心して製品の製造に集中できる環境になったとのことです。


 

 

 

user4641 

 


 

 

施工 201610

 

施工場所 三重県

 

工事面積 1008

    


 

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

(電器メーカー様工場の基礎下注入)

長崎県平戸市 船体引き揚げレール基盤下(船台下)のウレタン樹脂注入工事

<現場の状況>

今回の現場は長崎県の造船工場です。

造船場の船を海から引き揚げるためのレールの基礎が沈下しており、

下に空洞が発生しているのではないかと、不安を抱えておられました。

以前、船台下の空洞充填工事を行った内容と酷似しており

その工事内容を知り、当社に相談いただきました。

%e9%80%a0%e8%88%b9%e5%b7%a5%e5%a0%b4%e3%81%a8%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<修正の状況>

レール基礎の局部にかかっている負担を軽減し、基礎の荷重を分散して地盤へ伝えるために

空洞部分を膨張するウレタン樹脂で注入しました。

今回のような潮の満ち引きがある場所では海水面が上下することで

コンクリート構造物の背面や下面の地盤から土砂などが吸い出され、

空洞化を起こし、さらには沈下する懸念もあります。

セメント系の薬液注入だと硬化する前に材料が流出する懸念がありますが

当社が使用しているウレタン樹脂は硬化時間が早いため、最適です。

施工後はレールのたわみもなくなり、スムーズに船を引き揚げることができるようになったそうです。

%e9%80%a0%e8%88%b9%e5%b7%a5%e5%a0%b4%e3%82%a6%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%b3%e6%b3%a8%e5%85%a5%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%86%99%e7%9c%9frimg3787

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

<営業コメント>

今回、お客様は

「空洞があることで今後どんどん沈下が進行していくのでは・・・?」

「基礎にかかる重量がとても重いため陥没してしまうのでは・・・?」

という不安をお持ちでした。


以前、当社で施工させていただいた造船会社様の施工事例や空港での事例などを紹介し、

施工させていただくことになりました。

「飛行機にも耐えられる材料を使っているのなら、船も当然大丈夫」という判断で当社が選ばれたと教えていただきました。

船体引き揚げレール基礎という普段は海の中にある場所に注入を行うので、

大潮の干潮を狙って時間内に施工しなければならず、スピードが求められる現場でしたが、

お客様のご協力と、工事部の迅速で確実な施工により無事に工事を終えることができました

 

施工場所:長崎県平戸市

施工面積:125㎡


 

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください

(造船工場 船台下空洞充填工事)

茨城県古河市 鋼材加工工場の土間床沈下修正工事

<現場の状況>

今回の現場は、完成して間もない鋼材加工工場です。工場を稼動してそんなに時間がたっていないのにコンクリート土間床が3.4cmほど沈下してしまったそうです。そのために鋼材加工用に購入したレーザー加工機が不具合をおこして、図面どおりに加工ができなくなってしまいました。レーザー加工機のような精密機械を正常に稼動するには、何よりも床の水平が重要なのですね。

 

<修正の状況>

いつも以上に水平精度が要求されるため、レーザーレベルの受信機を何度も監視しながら沈下量、修正量をしっかり把握しながら注入作業を行いました。あわせて、注入位置とその周辺の床のたわみが軽減されていることを常に確認しながら施工を行いました。レーザー加工機が設置してある範囲は、外側の床版高さに合わせて修正。エリア中央部には砕石を敷設しているところがあり、砕石敷設部までの間で摺付け修正を行い、目標とする高さまで無事に沈下修正することができました。

工場の床 沈下修正工事

 

 

<担当営業コメント>

施主様から「今回の施工後に、改めてレーザー加工機のレベル調整を行う予定だったが想像以上に床の修正をきちんとやっていただいたので加工機が正常に稼動。予定していたレーザーのレベル調整が必要なくなりとても助かった」と感謝のお言葉をいただきました。ちなみに、レーザー加工機の調整費用は100万円前後だそうです。

施工前1 施工後1

施工前施工後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工 20167

施工場所 茨城県

工事面積㎡ 193

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

(工場、土間床の沈下修正)

 

 

新潟県見附市で施工見学会を開催しました

2016年4月23日(土)・24日(日)の2日間

新潟県見附市で「施工現場見学会」を開催しました。

 

新潟県で開催するのは昨年10月の長岡市での開催以来、半年ぶりとなります。

今回は休日の土曜日・日曜日の開催となりましたが大勢の方がお越しくださいました。

国内だけではなく海外からもご来場いただき、ウレテック工法への期待の高さを実感しました。

 

この機会をご提供してくださいました施主様、本当にありがとうございました。

 

 

IMG_4470

皆様、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。

 

IMG_4472修正

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場は広さ400㎡ほどの工場で、床面に大きなうねりがあり、床を増し打ちしている難しい状況でした。

中央部に向かって不同沈下を起こしており土間床下には空洞があることも確認しました。

空洞の影響なのか、機械の振動も大きく、お困りの状況でした。

中心部の沈下量は最大168mm~54mm、それぞれの状況にあわせて対処が必要です。

1.5m間隔で床に16mmの小さな孔をあけ、膨張性のあるウレテック樹脂を注入します。

空洞を充填し地面を押し固めることで床版を持ちあげ修正していきました。

 

実際の施工を見学していただき、

床を壊さず、業務を止めず、短時間で水平に修正するウレテック工法の実力を

実感していただけたのではないでしょうか?

特に重い機械が乗ったまま床を水平に持ち上げることに、皆さん一様に驚いていました。

また施工についての質問もたくさんいただきましたが、

技術部の責任者が一つひとつ丁寧に対応させていただきました。

 

 

メインマークは随時、施工見学会を開催していく予定です。

参加ご希望の方、ご興味のある方はご連絡ください。

お待ちしております。

0120-873-835

メインマーク株式会社

新潟県小千谷市 部品製造工場の空隙充填工事 

<現場の状況>

施工範囲内に大型機械が2列に20台ほど並べられていました。

営業中はこの機械が一斉に稼働するそうです。

もともと川が流れていた所で、地盤改良後に建てた工場でした。

施主様は機械の振動が気になるとのことで、今回ウレテック工法で床下の空洞を埋める工事を行うことになりました。

工場内の床版厚は200mm以上ありました。

振動を気にされていたので、機械回りを優先に削孔、注入しました。

削孔、注入箇所は機械1台につき1015か所ほど。総削孔数は200近くにもなりました。

                                                            

ウレテック樹脂を注入中 

                                                   

<修正の状況>

削孔時、工場の中心部にはっきりとした空洞が確認できました。

注入時、床版の反応もよく動きだし確認も1孔1孔ほとんどすべて確認できました。

調査のコアが20ヵ所位あり、そこからも樹脂が確認できたので、しっかりとした

充填作業ができたと思います。

                                                      

新潟20aa 

                                                   

施工 20159

施工場所 新潟県

工事面積㎡ 385㎡

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください

愛知県食品工場沈下修正および荷重受替え工事

愛知県の食品製造工場から「機械の振動が気になるので現場を見に来てほしい・・・」という相談をいただきました。

現場に向かい、内視鏡で床下の空洞状況の調査と、レーザーレベルで床沈下の測量を行いました。

お客様に空洞の箇所と沈下エリアの説明を行い、今回の施工内容を検討していただきました。

まずは、お客様にウレテック工法を理解していただくことが重要と考え、

試験的に気になる部分に実際に樹脂を注入してご確認いただきました。

 

最大の悩みだった「機械の振動」については、施工前と施工後に、お客様と一緒に機械の状況を確認。

振動が大幅に低減されたことを実感していただきました。

担当者様もご納得された様子で、当社としても嬉しい結果になりました。

 

■傾き修正:70mm

■空洞充填:100㎡

大分県食品工場土間コン下空洞充填工事

大分県の食品工場様から

新設した機械の振動が気になり、基礎下に空洞があるのではないか?というご相談をいただきました。

まずは、現場調査にお伺いして土間下の空洞を内視鏡で確認したところ

予想通り土間下に空洞が確認されどのように対策するか検討されました。

空洞を埋めたいが工場の稼働を止めることができない、というご希望もあり当社の

ウレタン注入工法で空洞を埋める工事を行うこととなりました。

 

施工面積:100㎡ 空洞充填

施工日数:1日

茨城県 機械製作所基礎補強工事

建物の基礎下に生じた空隙および地盤の緩みなどを軽減させるため対応可能な方法

であるウレテック工法によって空隙充填と沈下抑制工事を行いました。

床板厚1000mmの直下にウレテック樹脂を注入。その膨張力と

圧密効果で空洞充填と沈下抑制を行いました。

特殊ウレタンを注入するための削孔は直径16mm。一円玉と同程度の小さな孔です。

注入後は削孔跡にゴミなどが侵入するのを防ぐためモルタルでキャップをします。これで、ほとんど目立たなくすることができます。

2012年10月施工

お問合せは 専用フリーダイアル 0120-873-835 までお気軽にお問合せください。

栃木県工場プレス室床修繕工事

栃木県の工場で土間床下に空洞が発生しました。

ウレテック工法で空洞充填する施工を行いました。

施工面積:550㎡  

ウレテック工法は機動性に優れておりコンパクトな施工も可能です。

他の業者さんとのコラボも出来ます。

 Next Page >