施工事例 | 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならウレテック

全国対応0120-873-835

青森県 老人福祉施設土間床沈下修正工事

〈現場の状況〉

地盤沈下が原因で施設内全体の土間床が沈下していました。

一番気になっている部屋は、イベントなどで人が集まるホールです。

部屋の中心部が30mmほど沈下しており、ドアの開閉が困難な状況でした。

狭い範囲での沈下だったので部屋の中を歩いているだけで違和感を感じるくらい下がっていました。

 

〈沈下修正工事〉

①修正前の沈下レベル確認(事前調査と照合)

②フローリングを後ほど補修できるように抜く

③コンクリート土間を削孔

④膨張するウレタン樹脂を床下に注入

 樹脂の膨張力で床を水平に戻す

⑤削孔した注入孔をモルタルで埋め閉塞

長年の沈下で一部フローリング自体に反り返りの癖がついている箇所は0mmまで持ち上げることができませんでしたが、施工前に感じていた違和感がなくなり施主様は大変喜んで下さいました。

 

%e8%80%81%e4%ba%ba%e7%a6%8f%e7%a5%89%e6%96%bd%e8%a8%ad%e6%b3%a8%e5%85%a5%e7%8a%b6%e6%b3%81 %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e8%a8%ad%e7%bd%ae

 

施工 2014年10月

施工場所 青森県

工事面積㎡ 合計65㎡ 段差修正30mm

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

 

(老人福祉施設のコンクリート土間床沈下修正)





物件相談
資料請求
調査依頼
全国対応 0120-873-835 FAX 03-5878-9102
メールアドレス

メインマークの「ウレタン樹脂注入工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「ウレタン樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。沈下修正・地盤改良・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。

© Mainmark Group. All Rights Reserved.